DetailPage-MSS-KB

サポート技術情報

文書番号: 170978 - 最終更新日: 2003年12月10日 - リビジョン: 3.0

 

目次

現象

Visual C++ 付属された MFC ブラウザー ライブラリ (MFC.BSC) に問題が、対象のソース コード ファイル、ディレクトリ パスを入力するように求めを検索します。

Visual C++ も間違ったバージョンの異なるバージョンの Visual C++ が読み込まれる場所に応じてソース ファイルを読み込む可能性があります。 たとえば場合 E: ドライブ上で Visual C++ 4. 0 のソース ファイルが読み込まれる、それらは検索 Visual C++ 5. 0 ファイルの代わりにします。

原因

これらの問題は、MFC.BSC ファイルおよび、ハード_ディスク上のこれらのファイルの実際の位置に埋め込まれた別のディレクトリ パスによって発生します。 正常に動作するブラウザーのこれらのディレクトリ パス同じする必要があります。

(E:\msdev\mfc\src) に、MFC 参照ライブラリが作成されたディレクトリ パスは、MFC ソース コード (、Files\DevStudio\Vc\mfc\src) の既定のインストール パスを異なる。 ドライブ文字が異なる場合、ブラウザー ファイルを見つけることができます。 ただし、対象のファイルが見つからないし、パスが異なる場合に、ターゲット ディレクトリのため要求。

解決方法

回避できますこのによって MFC ブラウザー ライブラリ (MFC.BSC) を再構築します。

MFC ブラウザー ライブラリを再構築する手順

  1. Visual C++ がインストールされているドライブ上の空きディスク領域の Visual の C に 6. 0 の Visual C++ 5. 0 または 500 MB、約 400 メガバイトことことを確認してください。 これ容量は必要です、ブラウズ情報を作成します。 358 メガバイト Visual C++ 5. 0 または Visual C++ 6. 0.SBR によって使用される 459 MB ブラウザー データベースが作成された後は、ファイルを解放ことができます。 一時ファイルが、その他の領域を必要です。 一時ファイルは自動的に削除されます。
  2. 、コマンド プロンプトから実行、Vcvars32.Bat に、<drive> である必要があります: < DevStudio ディレクトリのパス > の \vc\bin、適切な環境変数を設定します。 <drive> に変更: < Devstudio ディレクトリのパス > \Vc\Mfc\Src ディレクトリ、および、メイクファイルで、nmake を実行して、ブラウズ情報を構築します。
          nmake browseonly=1 no_pch=1 no_pdb=1 dll=2
    						
    NafxeWD.bsc ファイルと $DLLD.W を.SBR ファイルというサブディレクトリを作成この。
  3. ブラウズ データベースを頻繁に再構築する予定がない、提供、$DLLD.W ディレクトリにすべてのファイルを削除し、ディレクトリを削除自体です。 中間の.SBR ファイルおよびディスクの空き領域の Visual の C に 6. 0 の Visual C++ 5. 0 または 459 メガバイト、ほぼ 358 メガバイトを占めるし、する、ブラウザーを使用する必要がありません。
  4. 場合は、新しい参照ファイルを MFC.BSC する NafxeWD.BSC から変更できます。
ブラウザー ファイルを使用するには Visual C++ を開始します。 [ファイル] メニューの [開く] をクリックし、作成した.BSC ファイルは、選択します。 [ツール] メニューの [ソース ブラウザー] をクリックします。 ブラウザー ウィンドウが表示され MFC 関数またはデータ変数のいずれかを検索できます。

状況

これは仕様によるものです。

関連情報

MFC.BSC ライブラリのビルドの詳細については、次の記事「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
98656  (http://support.microsoft.com/kb/98656/EN-US/ ) 情報: MFC のブラウザーのライブラリを作成します。
138326  (http://support.microsoft.com/kb/138326/EN-US/ ) [HOWTO]: コモン コントロール クラスのブラウザー ライブラリを作成します。
(c) マイクロソフト 1997、予約済みのすべての権限。 Mike フランツ、マイクロソフト株式会社での投稿

この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual C++ 5.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Visual C++ 6.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Visual C++ 5.0 Professional Edition
  • Microsoft Visual C++ 6.0 Professional Edition
  • Microsoft Visual C++, 32-bit Learning Edition 6.0
キーワード: 
kbprb kbmt KB170978 KbMtja
機械翻訳機械翻訳
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:170978  (http://support.microsoft.com/kb/170978/en-us/ )
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
共有
その他サポート オプション
マイクロソフト コミュニティ サポート フォーラム
お問い合わせ
マイクロソフト認定パートナーの検索
Microsoft Store