DetailPage-MSS-KB

サポート技術情報

文書番号: 171371 - 最終更新日: 2007年1月20日 - リビジョン: 1.1

 

目次

概要

ここでは、受信トレイ修復ツール (Scanpst.exe を使って) を使用して、破損した個人用フォルダー (.pst) ファイルからフォルダーとアイテムを回復するためのヒントについて説明します。

詳細

受信トレイ修復ツールはされていますされる.pst ファイルおよびオフライン フォルダー (.ost) ファイルに関連付けられている問題を修復します。 受信トレイ修復ツールが Microsoft Windows 95 に含まれているで、Microsoft Outlook 97 CD-ROM と、Microsoft Office 97 の CD-ROM もします。

インストールと、受信トレイ修復ツールの実行についてはをクリック資料以下、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
168648  (http://support.microsoft.com/kb/168648/EN-US/ ) 検索し、受信トレイ修復ツールを実行する、[OL97]。
: 次の手順で例.pst ファイルに対して、受信トレイ修復ツールを使用します。 これらの手順は、.ost ファイルにも適用されます。 .ost ファイルを検索をするには [ スキャンするファイルの選択 ] の [ オフライン フォルダー (*.ost) </a0>] をクリックします。

受信トレイ修復ツールの機能

.pst ファイル上で、受信トレイ修復ツールを実行するとき。
  • 受信トレイ修復ツールは、.pst ファイル フォルダーの構造およびアイテム ヘッダーを分析し、すべてのフォルダーとアイテムを復元しようとしていますします。
  • 場合は、受信トレイ修復ツールは、.pst ファイルを回復、受信トレイ修復ツールの問題を検出し、すべての受信トレイ修復ツールが修正修正します。
  • 受信トレイ修復ツールは、任意のファイルを.pst ファイルを試みます。 (たとえば、"Something.pst"、実行可能ファイル名前を変更すると、受信トレイ修復ツール変更ファイル マウント.pst ファイルにされます。)

何を回復の.pst ファイルには

受信トレイ修復ツールを実行します。
  1. Outlook を起動します。 修復しようとすると、.pst ファイルを含むプロファイルを使用します。
  2. [ 表示 ] メニューの [ フォルダー一覧 フォルダー一覧ビューをオンに] をクリックします。 フォルダー一覧 には、次回復フォルダーを表示する必要がありますされます。

    • 回復した個人用フォルダー
    • 予定表
    • 連絡先
    • 削除済みアイテム
    • 受信トレイ
    • 仕訳帳
    • メモ
    • 送信トレイ
    • 送信済みアイテム
    • タスク

    これらのフォルダーは、フォルダーを再構築された.pst ファイルの一部のため、通常空です。 Lost and Found フォルダーまた表示される必要があります。 このフォルダーは、フォルダーとアイテムの受信トレイ修復ツールの回復が含まれます。 すべての項目が存在しないには修復できないほどがあります。

修復済みアイテムの回復

さまざまなアイテムとしてフォルダーから移動、Lost and Found プロフィールに新しい.pst ファイルに。
  1. プロフィールに新しい.pst ファイルを作成します。
    1. Outlook を起動します。 回復した個人用フォルダーを含むプロファイルを使用します。
    2. [ ツール ] メニューの [ サービス ] をクリックします。
    3. [ サービス ] タブの [ 追加 サービスのプロファイルに追加 ] ダイアログ ボックスを開きます] をクリックします。
    4. 利用できるインフォメーション サービス の一覧で 個人用フォルダー ] をクリックを [OK] をクリックします。
    5. 個人用フォルダー ファイルを作成または開く ] ダイアログ フォルダーを選択し、新しい.pst ファイル (「個人用フォルダー」は既定名) のファイル名前を入力し、 ファイルを開く
    6. すべてのダイアログ ボックスを閉じます [OK] をクリックします。
  2. Lost and Found フォルダーから新しい.pst ファイル内の適切な位置に、修復済みアイテムをドラッグします。
  3. すべてのアイテムを移動したら、Lost and Found フォルダーを含む、プロファイルから、回復した個人用フォルダーを削除できます。

個人用フォルダー ファイルをバックアップからアイテムを回復します。

: できなかった場合、受信トレイ修復ツールを実行する前に、元の.pst ファイルを開く、次の手順は使用できない可能性があります。 受信トレイ修復ツールを実行する前に、元の.pst ファイルを開けない場合が小さな次の手順を使用して、壊れた.pst ファイルからの他のアイテムを回復することができます。

受信トレイ修復ツールを実行すると、元の.pst ファイルのバックアップを作成するオプションが既定で有効になって。 このオプションを file_name.bak ファイルが別のファイル拡張子を持つ元の file_name.pst ファイルのバックアップ コピーをハード_ディスク上が作成されます。 この.bak ファイルは、元の.pst ファイルにある同じフォルダーにあります。

.bak ファイルを受信トレイ修復ツールは回復できなかったからアイテムを復元するには。
  1. .bak ファイルのコピーを行い、.pst 拡張子が付いた新しい名前をファイルに指定します。 この例では、名、ファイル"Newname.pst"をとします。
  2. Outlook を起動します。 この資料の修復済みアイテムの回復] セクションで作成した.pst ファイルを含むプロファイルを使用します。
  3. Outlook の [インポートとエクスポート ウィザードを使用して (この例では、Newname.pst ファイル) では、バックアップ.pst ファイルをインポートしてみます。
    1. [ ファイル ] メニューの [ インポートし、エクスポート ] をクリックします。 ウィザード] で [クリックして の個人用フォルダー ファイルからのインポート (*.pst) 、[ 次へ] </a0> をクリックします。
    2. [ インポートするファイル 、バックアップ.pst ファイルをクリックして (この例では、 Newname.pst ] をクリック) します。 [ オプション ] の [ 重複をインポートしない ] をクリックし、 次へ]
    3. インポートするフォルダーの選択 を、[には、名、バックアップ.pst ファイルをクリックして [ サブフォルダーを含む ] をクリックします。 同じフォルダーにフォルダーをインポート ] をクリックし、[修復済みアイテムの回復] では、この資料の「で作成した新しい.pst ファイルを実行します。
    4. [完了] をクリックします。
バックアップ ファイルが、元の壊れた.pst ファイルでありよりも、Lost and Found フォルダーで復元された、受信トレイ修復ツールは何も回復できないことに注意して保持します。 Outlook に (この例では、Newname.pst ファイル) では、バックアップの.pst ファイルをインポートすることはできない場合、Lost and Found フォルダーに含まれていない情報は失われます。

この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 97 Standard Edition
キーワード: 
kbinfo kbfaq kbmt KB171371 KbMtja
機械翻訳機械翻訳
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:171371  (http://support.microsoft.com/kb/171371/en-us/ )
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
アーカイブされた技術情報サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。
共有
その他サポート オプション
マイクロソフト コミュニティ サポート フォーラム
お問い合わせ
マイクロソフト認定パートナーの検索
Microsoft Store