DetailPage-MSS-KB

サポート技術情報

文書番号: 192480 - 最終更新日: 2007年2月22日 - リビジョン: 1.2

 

概要

この資料では、高速保存オプションを Microsoft Word 97/98年で Windows 用の詳細についてよく寄せられる質問回答します。

詳細

  1. 高速保存されているファイルと完全な保存されているファイルの違いは Q ですかでしょうか。

    A: 高速保存されたファイルは、順番、物理順序ファイルに格納されている文字と一致しませんファイルが表す文書内の文字の論理順序 Word 文書です。 言い換えれば、ファイルへの変更内容はファイルの末尾に追加されます。

    完全保存されているファイルはファイルに格納されている文字の物理順序が、ファイルが表す文書内の文字の論理順序と同一で Word 文書です。 言い換えれば、ファイルへの変更内容は、ファイル内のそれらの変更が加えられた箇所に組み込まれます。
  2. Q: するときに Word 実行を高速保存しますか。

    A: ときに、高速保存を許可するオプションを選択実行を高速保存を文書に変更を保存する場合に Word を使用する可能性があります。 Word [保存] をクリックして (または [ファイル] メニューの [上書き保存] をクリックして)、ときに、高速に実行可能性があります、文書の保存または完全なを保存します。
  3. Q: するときに Word 実行完全保存しますか。

    A: Word は完全な実行の次のイベントが発生するときに、ドキュメントの保存します。
    • 上、15 (15) 高速保存をドキュメントの。 Word は 14 (14) 高速に実行通常完全実行前に、保存操作を保存します。
      - または -
    • クリックして保存が多くの編集、ドキュメントで実行します。

      : 確認または編集された文書内の数を変更する方法がありません。 変更は、ドキュメントの物理ファイルの末尾に追加とが物理的な文書を再びファイルへの変更組み込むことができます、変更を加えましたを特定の場所にファイルの内容に戻すように生じますが必要があります位置をポイントに到達ことにします。
      - または -
    • ときにファイルをクリックして、高速保存のオプションを (オフ無効) を無効にします。
      - または -
    • 文書を、リッチ テキスト形式 (RTF) などの別の形式で保存した場合。
  4. Q: Word が高速を行うようにする必要があります理由を保存しますか。

    A: 高速保存オプションを選択する場合 Word 文書の変更のみを保存します。 [高速保存を許可する] オプションより完全なドキュメントの保存時間がかかりません。 非常に大きな文書で作業している場合が選択する [高速保存オプション。
  5. Q: ときいない使用する、高速保存オプションでしょうか。

    A: する場合は削除されている機密情報を含む文書を共有します。 必要があります「強制する」は完全に文書を保存します。 「強制的」オフにするには、保存、旋回の完全な高速保存を許可する] オプションを実行および [上書き保存] をクリックします。

    関連情報については、Microsoft Knowledge Base の次の記事を参照してください:
    190733  (http://support.microsoft.com/kb/190733/EN-US/ ) [WD97]: テキスト エディターの表示で Word 文書を開くテキストを削除します。
  6. Q: ネットワーク上の場所から [別の文書で作業中に理由が Word になってと思われる同量の高速保存オプションを設定する方法があるかにかかわらず、文書を保存するのでしょうか。

    A: この機能は仕様です。 ネットワークを介した高速保存はできません。 高速保存を許可する] オプションをオンに場合は、ネットワーク経由で文書を保存すると Word はこのオプション無視されます。
  7. [高速保存を許可する] オプションの設定を変更する Q: 方法でしょうか。

    A: [ツール </a0>] の [オプション] をクリックします。 [上書き保存] タブで、[を選択または [高速保存を許可する] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。

    : オプションの [高速保存を選択する (オン) 既定では Word 97 for Windows、ただし、このオプションは使用できません () 既定でオフに Microsoft Word 97 で Windows Service Release 1 (SR-1)、サービス リリース 2 (SR-2)。
  8. Q: バックアップ コピーを常に作成する"オプションを選択するとと、理由、高速保存オプション オフになってでしょうか。

    A: バックアップ ドキュメントのコピーを保存できません (作成) 高速な Word 文書を保存します。 Word が自動的に無効をバックアップ コピーを常に作成する"オプションをオンにすると、(オフ)、高速保存を許可するオプション。 したがって、高速保存を選択すると Word が無効に自動的に、"バックアップ ファイルを作成] がオンになっている場合は、なります。
  9. バックグラウンド保存を許可する] オプション Q: とは

    A: このオプションのドキュメントに保存、背景されるので、(完全な保存または高速保存) を保存するときに Word で作業を続行するドキュメント。 バックグラウンドの保存が実行されているときには、ステータス バーに、ディスクの絵のアイコンが表示されます。

    : オプションの [許可するバックグラウンド保存を選択する (オン) 既定 Microsoft Word 97/98年で Windows では、Service Release 1 (SR-1) と Service Release 2 (SR-2)、ただし、このオプションは使用できません () 既定でオフに Microsoft Word 97/98年で Windows の。

関連情報

詳細については、次の記事「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
71999  (http://support.microsoft.com/kb/71999/EN-US/ ) [WD97]: Word のオプションを Windows の保存エラーが発生しましたを無効にします。
108456  (http://support.microsoft.com/kb/108456/EN-US/ ) [WD Word 表示のエラー メッセージまたは表の書式設定するがハングします。

111277  (http://support.microsoft.com/kb/111277/EN-US/ ) [WD ドキュメント ファイルのサイズに変更が小さい他かが必要ですが

170406  (http://support.microsoft.com/kb/170406/EN-US/ ) [WD97]: 高速保存が既定で選択したオプションを許可します。

173683  (http://support.microsoft.com/kb/173683/EN-US/ ) [WD97]: エラー メッセージ:「Word できない付与、ドキュメント、同じ名前」

174162  (http://support.microsoft.com/kb/174162/EN-US/ ) [WD97]: Windows NT 4. 0: は、延期、自動バックアップ ファイルの保存

176284  (http://support.microsoft.com/kb/176284/EN-US/ ) [WD Word が「高速保存」ドキュメント

この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Word 97 Standard Edition
キーワード: 
kbinfo kbmt KB192480 KbMtja
機械翻訳機械翻訳
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:192480  (http://support.microsoft.com/kb/192480/en-us/ )
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
アーカイブされた技術情報サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。
共有
その他サポート オプション
マイクロソフト コミュニティ サポート フォーラム
お問い合わせ
マイクロソフト認定パートナーの検索
Microsoft Store