DetailPage-MSS-KB

サポート技術情報

文書番号: 234968 - 最終更新日: 2007年3月1日 - リビジョン: 1.1

 

目次

概要

ここにはコメント、修正、および Microsoft Windows NT Server 4. 0 リソース キット、ISBN 0-7356-0812年-7 の補助 4 に関連した既知のエラーに関する情報が含まれています。

次のトピックが含まれます。

  • Readme.doc にエラーが含まれる
  • オンライン ドキュメント: Windows NT ネットワーク ガイドのグラフィックスは使用できません。
  • Windows NT Workstation リソース ガイド TOC (目次) エラーのオンライン ドキュメント:
  • RKTOOLS.CHM: DNSCMD.EXE が表示されない、新しいツールとして
  • RKTOOLS.CHM: SCOPY.EXE の補助から削除できませんでした。
  • RKTOOLS.CHM: SUBINACL.EXE のドキュメントが正しくなくなる
  • RKTOOLS.CHM: TIMESERVE.EXE が、ツールのアルファベットで 2 回表示されます。

詳細

Readme.doc にエラーが含まれる

Microsoft Windows NT 4. 0 のリソース キットの付録 4 のリリース ノート (Readme.doc) には、エラーと人的に関するいくつかのソフトウェアのインストール手順が含まれます。 具体的には、されません CD で誤ったファイル フォルダー、セットアップ ファイル、または不完全な手順は説明したように、以下のソフトウェアについては。

Web 容量分析ツール (WCAT) - 内容では、一般的なセットアップ手順で説明します。 このプログラムは、CD-ROM に含まれません。

仮想モーション - ライセンスされたバージョンでのリモート アクセス マネージャーは、既定ではこれにはコード キーが必要ですあり (すべて xs から成る) 既定キーが無効です。 ユーザー 2 ポート試用版をインストールする必要があります。 DISK2 の入力を求めるメッセージが表示されたら、ユーザーは [OK] をクリックして続行できます。

Microsoft 接続マネージャー管理キット (CMAK) で、CMAK を手動でインストール方法については、次のパスからセットアップを実行する示します。

cd_driveletter: \x86\apps\cmak\setup.exe
注: Alpha などない x、x86 プラットフォームを使用している場合くださいディレクトリ名前に置き換える x86 の適切なプラットフォーム。

ただし、この場所に setup.exe はありません。

REXX のソース コードでは、ソース コードとレジーナ REXX スクリプト言語の追加のファイルのインストール手順は次の場所から xcopy に示します。

cd_driveletter: \x86\Scripting\rexx\source
注: Alpha などない x、x86 プラットフォームを使用している場合くださいディレクトリ名前に置き換える x86 の適切なプラットフォーム。

ただし、スクリプトが"Scrpting"として、CD 上のフォルダー。

オンライン ドキュメント: Windows NT ネットワーク ガイドのグラフィックスは使用できません。

を、Windows NT ネットワーク ガイドのオンライン ドキュメントにアクセスすると、ここで sub-pages のグラフィックスが利用できません。

次のアクションのシーケンス エラーの再現は。

[スタート メニューの [リソース キット 4. 0] をクリックします。 [オンライン ドキュメント、Windows NT Server のネットワーク ガイド、ルーターおよびスイッチ、および [ルーティングします。 テキストを含むページの途中で、ボックスがあります:「にグラフィックを表示できません」。

この問題を回避参照してください、元のリソース キット テキスト帳の図をオンライン ドキュメントに直接対応はため。

Windows NT Workstation リソース ガイド TOC (目次) エラーのオンライン ドキュメント:

Windows NT ワークステーション リソース ガイドのオンライン ドキュメントにアクセスすると、エラー メッセージが表示される可能性がありますといいます。
"のトピックは存在しません。 更新されたヘルプ ファイルは、アプリケーション製造元に問い合わせてください。 (129)"
このエラーが次のドキュメントを選択すると生成されます。

[スタート] メニューから選択リソース キット 4. 0 では、[オンライン ドキュメントは、し Windows NT Workstation リソース ガイドします。 [内容] タブの [展開の計画の混合環境」、["を決定する場所に展開 Windows 95 と Windows NT"] を展開しと展開"を決定する場所に展開 Windows 95 と Windows NT"します。

この問題を回避します。

  1. [インデックス] タブのヘルプ
  2. 「を決定する場所」を入力 (引用符) します。
  3. 結果ウィンドウに目的のトピックを [します。
    "Windows 95 および Windows NT を配置する場所の決定
そこから、この章を移動するのに [戻る] ボタンと [進む] ボタン使用できます。

RKTOOLS.CHM: DNSCMD.EXE が表示されない、新しいツールとして

DNSCMD.EXE ツールが [新しいツールの [RKTOOLS.CHM のはじめに表示されます。 付録 3 と補助 4 つの DNSCMD.EXE のバージョンが同じです。 として新しい一覧が表示されるという事実は、間違いでした。 ただし、ツール自体のマニュアルは正しいです。

RKTOOLS.CHM: SCOPY.EXE の補助から削除できませんでした。

[レガシ ツール] の [の概要では SCOPY.EXE が XCOPY.EXE によって置き換えられるとして記載されています。 ただし、補助 4 つに含まれる XCOPY のバージョンはコピーできませんファイルとディレクトリそのままのセキュリティは、NTFS パーティションから。 でも、これを実現するために SCOPY を使用するされます。

SCOPY と適切なドキュメントからダウンロードできます。

x86 ベースのコンピューター: ftp://ftp.microsoft.com/reskit/nt4/x86/scopy_x86.exe (ftp://ftp.microsoft.com/reskit/nt4/x86/scopy_x86.exe)

Alpha ベースのコンピューター: ftp://ftp.microsoft.com/reskit/nt4/alpha/scopy_axp.exe (ftp://ftp.microsoft.com/reskit/nt4/alpha/scopy_axp.exe)

SCOPY は、Windows 2000 に付属の XCOPY のバージョンでの互換性のために残されているされます。

RKTOOLS.CHM: SUBINACL.EXE のドキュメントが正しくなくなる

SUBINACL ツールは、付録 3 と 4 『 Windows NT Server 4. 0 リソース キット 』 の同じです。 同じサイズ、日付、機能などがあります。 ただし、補助 4 で、ドキュメント、RKTOOLS.CHM 補助 3 に付属していなかった機能を示します。

このドキュメントは付録 4 つのヘルプで正しく配置されなかったされている Windows 2000 の特定ドキュメントです。 新機能は、Windows 2000 バージョンの SUBINACL でのみ存在して、機能が、Windows 2000 コンピューターを必要残念ながらとください。

ドキュメント補助 3 で使用されるとして同じ、ドキュメントに戻す必要があります。

RKTOOLS.CHM: TIMESERVE.EXE が、ツールのアルファベットで 2 回表示されます。

TIMESERV.EXE ユーティリティは、ツールのアルファベット順の一覧に 2 回表示されます。 ただし、両方の一覧は、同じドキュメントに します。

一覧"TimeServ.exe: タイム同期サービス (2000 年対応未確認)"を削除する必要があります。

一覧の「TimeServ.exe:: 時間の同期サービス (西暦 2000 年問題)」は正しい一覧です。

Microsoft Press は、有益で正確な書籍を提供することを約束いたします。 上記のコメントと修正内容はすべて、この書籍の今後の版に含まれることになっています。 この本の新しい版を入手されている場合、上記の修正内容のほとんどまたはすべてが既に含まれている可能性があります。

この資料は以下の製品について記述したものです。
  • MSPRESS Microsoft Windows NT Server 4.0 Resource Kit, Supplement Four ISBN 0-7356-0837-7
キーワード: 
kbinfo kbdocfix kbdocerr kbmt KB234968 KbMtja
機械翻訳機械翻訳
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:234968  (http://support.microsoft.com/kb/234968/en-us/ )
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
共有
その他サポート オプション
マイクロソフト コミュニティ サポート フォーラム
お問い合わせ
マイクロソフト認定パートナーの検索
Microsoft Store