DetailPage-MSS-KB

サポート技術情報

文書番号: 262213 - 最終更新日: 2007年1月27日 - リビジョン: 3.3

 

現象

ポータブル ドキュメント形式 (.pdf) ファイルをダウンロードすると、次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。
オブジェクト ハンドラーの検出エラー: はありませんビューアー開こうとしているオブジェクトの種類に対応です。 次の情報はこのオブジェクトに関するです。

オブジェクトのアドレス: http://Web address

テキストと HTML のコンテンツの種類:

ビューアーの可能性のある場所: Microsoft ActiveX ギャラリー

この種類のオブジェクト用のビューアーをダウンロードするこの場所に移動するよろしいですか?
[はい] クリックすると、お使いのブラウザーは、次のマイクロソフト Web サイトがリダイレクトされます。
http://msdn.microsoft.com/isv/ (http://msdn.microsoft.com/isv/)

原因

この現象は、ナビゲーターの [Netscape プラグイン (Nppdf32.dll) の Adobe Acrobat Reader で依存関係が場合に発生できます。

解決方法

この現象を解決するには、手順は、次のとおりです。
  1. 次の Adobe Web サイトから最新 Adobe Acrobat Reader ソフトウェアをインストールします。
    http://www.adobe.com (http://www.adobe.com)
  2. 次 Netscape の Web サイトから Netscape Communicator の最新ソフトウェアをインストールします。
    http://www.netscape.com (http://www.netscape.com)
  3. Nppdf32.dll ファイルが、次のフォルダー内にあることを確認します。

    Files\Adobe\Acrobat 4.0\Reader\Browser
    - と -
    Files\Netscape\Communicator\Program\Plugins
Netscape ソフトウェアがコンピューターにインストールされていない場合 Nppdf32.dll ファイルを Files\Adobe\Acrobat 4.0\Reader\Browser フォルダーから、Files\Internet の Explorer\Plugins フォルダーにコピーします。

ファイルをコピー、 [スタート ] をクリックして、[ ヘルプ ] をクリックして、[ キーワード ] タブをクリックする方法についての詳細について、 コピー を、入力し、 ファイルのコピー、フォルダー ファイルやフォルダー 、または ファイルやフォルダーをコピーする トピックをダブルクリックします。

いる場合を使用して Adobe Acrobat Reader で Internet Explorer 5. 5 またはそれ以降、PDF ファイルを開く時に、上記のエラーが表示されると、次の手順します。
  1. Internet Explorer 5. 5 を閉じます。
  2. [スタート ] をクリックして のプログラム ] をクリックして Adobe Acrobat Reader 4. 0 を開きます。 または 4. 5 です。
  3. [ ファイル をクリックして の設定 ] をクリックして、 [全般] </a0> をクリックします。
  4. [クリックして [ Web ブラウザーの統合 ] チェック ボックスをオフにします。
  5. Adobe Acrobat Reader を閉じます。
  6. Internet Explorer 5. 5 を再起動し、もう一度 Web ページに戻ります。 PDF ファイルを開くを求められたらこの時間。

Microsoft はテクニカル サポートを見つけることに連絡先の情報をサード パーティを提供します。 この連絡先の情報は通知なしに変更可能性があります。 マイクロソフトは、このサードパーティの連絡先情報の正確さを保証しません。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 Microsoft いかなる責任も負わないものと、黙示またはそれ以外の場合は、パフォーマンスやこれらの製品の信頼性に関するします。

回避策

この現象を回避する、次の手順に従います。
  1. Adobe Acrobat 4. 0 での [ ファイル] メニューの 設定 を選択します。
  2. [全般] を選択します。
  3. [ オプション ] の [を 同じウィンドウでのの複数ドキュメント リンクのファイルを開く ] チェック ボックス オフ [し、ダイアログ ボックスを閉じます。

この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Explorer 5.5
  • Microsoft Internet Explorer 5.01
  • Microsoft Internet Explorer 5.0
キーワード: 
kberrmsg kbprb kb3rdparty kbmt KB262213 KbMtja
機械翻訳機械翻訳
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:262213  (http://support.microsoft.com/kb/262213/en-us/ )
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
アーカイブされた技術情報サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。
共有
その他サポート オプション
マイクロソフト コミュニティ サポート フォーラム
お問い合わせ
マイクロソフト認定パートナーの検索
Microsoft Store