DetailPage-MSS-KB

サポート技術情報

文書番号: 290624 - 最終更新日: 2005年12月2日 - リビジョン: 3.2

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP290624

概要

Microsoft Windows 2000 Advanced Server にクラスタ サーバーをインストールし、インターネット インフォメーション サービス (IIS) または SQL Server を構成した後で、クラスタ インスタンスとして Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MSDTC) を手動でインストールすることが必要な場合があります。デフォルトでは、MSDTC は、IP アドレス リソース、ネットワーク名リソースおよびディスク リソースを含む最初のグループにインストールされます。クラスタ アドミニストレータでは、クラスタ グループはアルファベット順に並べられます。

: この資料では、クラスタに複数の共有ディスクがある場合を想定しています。

SQL Server ユーザーは、以下の SQL Server 用の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) 資料を参照してください。
294209  (http://support.microsoft.com/kb/294209/ ) SQL フェールオーバー クラスタで使用される MSDTC を再構築または移動する方法

詳細

Windows 2000 クラスタで MSDTC を構成するには、以下の手順を実行します。

クラスタ ノードでの MSDTC の実行は、クラスタ化されたリソースとして実行した場合のみサポートします。クラスタにおいてスタンドアロン モードで MSDTC を実行することは推奨しておらず、サポートする構成ではありません。クラスタ化されていないリソースとして MSDTC を MSCS クラスタ内で使用すると、問題が発生します。このような構成では、トランザクションが切り離される可能性があり、クラスタのフェールオーバーが発生した場合にデータが破損する可能性があります。
  1. クラスタ アドミニストレータの最初のグループ以外のクラスタ グループに MSDTC をインストールする場合は、ノード A でクラスタ アドミニストレータを開き、このクラスタ グループをクリックします。
  2. クラスタ アドミニストレータでグループを作成し、グループに Temp Group という名前を付けます。クォーラム ディスク リソースを右クリックし、[グループの変更] をクリックし、[Temp Group] をクリックします。警告ダイアログ ボックスが表示されます。[はい] をクリックして、警告ダイアログ ボックスを閉じます。[リソースの移動] ダイアログ ボックスで、[はい] をクリックします。

    : 必ず、ドライブ文字をメモしてから、ディスク リソースを移動してください。このクラスタ グループに MSDTC をインストールする場合は、手順 7. を参照してください。
  3. MSDTC をインストールするグループ以外のグループがクラスタ アドミニストレータにあり、IP アドレス リソース、ネットワーク名リソースおよびディスク リソースを含む 3 つのリソースがこれらのグループにある場合は、さらにその特定のグループから Temp Group にディスクを移動する必要があります。これにより、クラスタ アドミニストレータで、IP、ネットワーク名およびディスクの要件を満たすグループが 1 つになります。これが、MSDTC がインストールされるグループです。
  4. クラスタ アドミニストレータを終了します。
  5. ノード A のコマンド プロンプトで、以下のコマンドを入力します。

    comclust

    Enter キーを押します。Comclust が完了すると、DOS コマンド プロンプトに戻ります。
  6. DOS コマンド プロンプトを閉じないでください。ノード B に移動します。
  7. ノード B のコマンド プロンプトで、以下のコマンドを入力します。

    comclust

    Enter キーを押します。Comclust が完了すると、DOS コマンド プロンプトに戻ります。
  8. 最初にノード B のコマンド プロンプトを閉じ、次にノード A のコマンド プロンプトを閉じます。
  9. 手順 2. でクォーラム ディスクおよびその他のディスクを移動した [Temp Group] をクリックし、そのディスクを元のグループに移動します。
  10. クォーラム ディスク リソースを右クリックし、[グループの変更] をクリックし、[Cluster Group] をクリックします。警告ダイアログ ボックスが表示されます。[はい] をクリックして警告ダイアログ ボックスを閉じ、[リソースの移動] ダイアログ ボックスの [はい] をクリックします。
  11. Web または SQL Server グループをクリックします。
  12. MSDTC インスタンスをオンラインにします。
  13. Web または SQL Server グループをノード B に移動し、両方のノードで MSDTC が適切に構成されているかどうかを確認します。Web または SQL Server グループには、アクティブな MSDTC インスタンスがなければなりません。

関連情報

Windows Server 2003 における MSDTC の構成の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
301600  (http://support.microsoft.com/kb/301600/ ) Windows Server 2003 クラスタで Microsoft 分散トランザクション コーディネータを構成する方法

この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Internet Information Services 5.0
  • Microsoft Cluster Server 1.1
  • Microsoft SQL Server 7.0 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition
キーワード: 
kbinfo KB290624
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"
共有
その他サポート オプション
マイクロソフト コミュニティ サポート フォーラム
お問い合わせ
マイクロソフト認定パートナーの検索
Microsoft Store