DetailPage-MSS-KB

サポート技術情報

文書番号: 310486 - 最終更新日: 2007年1月31日 - リビジョン: 3.2

 

目次

概要

この資料で説明情報はによって提供されます: Microsoft Press (http://mspress.microsoft.com/)

この資料は 13 個の記事を Outlook 2000 を使用して電子メール経由で通信する方法を説明する一連の第 4 部です。 一連の他の資料を参照するには、この資料の後半の「その他のリソース」を参照してください。

この情報は、 Microsoft Outlook 2000 でリンクのコース 帳、第 3 章からの抜粋です:"電子メールで通信します。

詳細

メッセージへの添付ファイル

Outlook では、ファイルにメッセージを送信できます。 仕事仲間を Word で作成するレターを送信するとします。 仕事仲間の代わりに自分の電子メール アドレスを使用する次の手順をプロセスを示します。
  1. アクティブな受信トレイ] で [ 新規作成 ] をクリックしか入力電子メール アドレス エディット ボックスにか する ] を使用して、住所を挿入します。
  2. [ 件名 ] ボックスには 6 月 4日のアル マツの木 (の) に送信される文字 を入力し、Tab キーを押します。
  3. 次に、[メッセージ]、入力 、年間のレポートの期限に関するアルに送信する文字をここには
  4. Enter キーを押して 2 回をいくつかスペースを追加し、ツールバーの [ファイルの挿入 ] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
     Picture of Insert
				File button

    ファイルの挿入] ボタン

    連絡先の電子メール送信

    送信する電子メール メッセージを連絡先のいずれかには、だけで、[連絡先] で、該当するアドレス カードを右クリックし、ショートカット メニューの [ 連絡先を新しいメッセージ を [します。 Outlook 連絡先の電子メール アドレスが既に エディット ボックスに入力メッセージ ウィンドウを表示します。 [メッセージ] ウィンドウで他のエディット ボックスを完了して、メッセージを入力する 送信 メッセージを送信する] をクリックします。

    配布を使用します。

    特定のユーザーのグループにメッセージを頻繁に送信する場合を設定できます配布リスト、リストの全員にメッセージを送信、メッセージ ウィンドウの ボックスに、リストの名前を入力できるようにします。 リストを設定するには、ツールバーの [ アドレス帳 ] をクリックして] をクリックして、 エントリの作成 、アドレス帳] ウィンドウのツールバー。 エントリの作成 ] ダイアログボックスで 新しい同報リスト の選択] の [OK] をクリックします。 [同報リスト] ウィンドウで [入力、リストの名前 メンバーの選択 ] をクリックして、人、[ 追加 ] をクリックし、[ OK] をクリック します。 保存して閉じる </a0> をクリックして配布リスト] ウィンドウを閉じてから、[アドレス帳] ウィンドウを閉じます。 メッセージ作成するには、宛てに、一覧に、新しいメッセージ ウィンドウを開いて、 </a0>] をクリックしてに、配布リスト名をダブルクリックし、 [OK] をクリックします。 送信 ボタンをクリックすると Outlook はメッセージのコピーを一覧の全員に送信します。
    元に戻す画像を拡大する
     Picture of Insert
				File dialog box
    短いドキュメントを選択し、 挿入 をクリックします。 メッセージ内のテキストとして、ドキュメントを挿入または添付ドキュメント自体ではなく、文書に、ショートカットを添付に 挿入 ボタンの右の矢印をクリックすることができます。 Outlook は、ここに示すようなファイル アイコンを挿入します。

    元に戻す画像を拡大する
    
				Picture of message containing an attachment
  5. [ 送信 ] ボタンをクリックします。
書式なしテキストと HTML の添付ファイル

テキスト形式または HTML 形式でメッセージにファイルを添付する場合、添付ファイルので表示されます、メッセージ ウィンドウの下部にある別のウィンドウではなく、メッセージの一部として。

その他のリソース

詳細についてはをクリック資料以下の記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
307377  (http://support.microsoft.com/kb/307377/EN-US/ ) OL2000: 電子メールとの通信: その 1: 受信トレイを使用して
310484  (http://support.microsoft.com/kb/310484/EN-US/ ) OL2000: 電子メールとの通信: その 2: メッセージを作成します。
310485  (http://support.microsoft.com/kb/310485/EN-US/ ) OL2000: 電子メールとの通信: その 3: メッセージをすばやくアドレス指定
310491  (http://support.microsoft.com/kb/310491/EN-US/ ) OL2000: 電子メールとの通信: その 5: 送信とメッセージの取得
310487  (http://support.microsoft.com/kb/310487/EN-US/ ) OL2000: 電子メールとの通信: その 6: メッセージに返信
310488  (http://support.microsoft.com/kb/310488/EN-US/ ) OL2000: 電子メールとの通信: その 7: メッセージを転送します。
310489  (http://support.microsoft.com/kb/310489/EN-US/ ) OL2000: 電子メールとの通信: その 8: メッセージを削除します。
307438  (http://support.microsoft.com/kb/307438/EN-US/ ) OL2000: 電子メールとの通信: その 9: メッセージを整理します。
310580  (http://support.microsoft.com/kb/310580/EN-US/ ) OL2000: 電子メールとの通信: その 11: フォルダーの使用
310581  (http://support.microsoft.com/kb/310581/EN-US/ ) OL2000: 電子メールとの通信: その 12: メッセージを移動します。
310582  (http://support.microsoft.com/kb/310582/EN-US/ ) OL2000: 電子メールとの通信: その 13: 自動仕訳ウィザードを使ってメッセージを整理します。

関連情報

この資料の情報は、Microsoft によって発行された Microsoft Outlook 2000 でリンクのコース 帳から抜粋です。

元に戻す画像を拡大する
Picture
		  of Quick Course book

http://www.microsoft.com/mspress/books/4556.aspx (http://www.microsoft.com/mspress/books/4556.aspx)

Quick Course in Microsoft Outlook 2000 (Chapter URL) の詳細します。

このパブリケーションと他のマイクロソフトのプレス タイトルについては、http://mspress.microsoft.com (http://mspress.microsoft.com) を参照してください。

この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2000
  • Microsoft Outlook 2000 Service Pack 1
キーワード: 
kbhowto kbmt KB310486 KbMtja
機械翻訳機械翻訳
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:310486  (http://support.microsoft.com/kb/310486/en-us/ )
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
共有
その他サポート オプション
マイクロソフト コミュニティ サポート フォーラム
お問い合わせ
マイクロソフト認定パートナーの検索
Microsoft Store