DetailPage-MSS-KB

サポート技術情報

文書番号: 911737 - 最終更新日: 2006年1月18日 - リビジョン: 1.0

現象

USB (Universal Serial Bus) 2.0 カメラ デバイスにアクセスするプログラムを起動すると、以下のようなエラー メッセージが表示されます。
The camera device is not correctly recognized.
また、プログラムが応答を停止します。

原因

この問題は、以下のいずれかまたは複数の条件に該当する場合に発生します。
  • 実行中の別のプログラムが、大量のメモリを消費している。
  • 大量のメモリを消費するプログラムを実行するのに十分な RAM (Random Access Memory) が、コンピュータにインストールされていない。
  • コンピュータで、メモリの空き容量の少ない状態が発生している。

回避策

この問題を解決するには、以下のいずれかの方法を実行します。
  • 大量のメモリを消費している別のプログラムを停止します。
  • コンピュータに RAM を追加します。
  • [仮想メモリ] ダイアログ ボックスで、ページング ファイルに使用されるディスク容量を増やします。

    : 仮想メモリのサイズを増やすと、コンピュータはディスク領域を RAM として使用します。コンピュータは、仮想メモリを使用して、コンピュータにインストールされている RAM を拡張します。
  • コンピュータを再起動します。
: 長期的に問題を解決するには、物理メモリや仮想メモリを増やします。コンピュータを再起動すると、RAM がフラッシュされて解放され、新しいプログラムで利用できるようになります。

関連情報

仮想メモリのサイズを大きくする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
308417  (http://support.microsoft.com/kb/308417/ ) Windows XP のパフォーマンス オプションの設定方法

この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード: 
kbtshoot kbhowto kbprb KB911737
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"
共有
その他サポート オプション
マイクロソフト コミュニティ サポート フォーラム
お問い合わせ
マイクロソフト認定パートナーの検索
Microsoft Store