DetailPage-MSS-KB

サポート技術情報

文書番号: 932658 - 最終更新日: 2008年1月15日 - リビジョン: 5.0

 

目次

概要

この資料は、変更 2007年で時間 (DST) の夏時間保存します。 この変更は Microsoft Exchange 2000 会議サーバーに影響します。

詳細

2007 年以降、開始日と、米国における夏時間の終了日が変更、2005 年エネルギー政策に従うされます。 したがって、夏時間、アメリカ合衆国の起動 3 週間前でよりも開始、過去に。 さらに、夏時間終了 1 週間後よりも終了、過去にします。 新しい開始日と終了日は次のとおりです。
  • 夏時間は 3 月で、第 2 日曜日午前 2 時に起動します。
  • 夏時間は 11 月の第 1 日曜日の午前 2時 00分に終了します。
一部の Microsoft 製品は、これらの変更を夏時間に受けます。 これらの製品の現在のソフトウェアの更新を開発およびテストします。 これらのソフトウェア更新プログラムの一部は現在利用可能です。 残りのソフトウェアの更新は初期の 2007年 3 月から 2006 年 12 月リリースするスケジュールされます。

Exchange 2000 会議サーバーのユーザーは、次の方法のいずれかを会議を整理できます。
  • 作成、更新、および会議のキャンセルに Microsoft Outlook 2000 またはそれ以降のバージョンの Microsoft Outlook を使用します。
  • Web スケジューラを使用します。 Web スケジューラは共同作業データを使用してオブジェクト (CDO) を作成して会議をキャンセルします。
Web スケジューラでは CDO を使用するため Exchange 2000 会議 Server 実行しているサーバーで Exchange 2000 会議サーバー ソフトウェア アップデートを適用する必要があります。 このソフトウェア更新プログラムは、一般に利用できません。 ソフトウェア更新プログラムの入手 Microsoft カスタマー サポート サービスに問い合わせる必要があります。 マイクロソフト カスタマー サポートに連絡する方法についてには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support (http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support)

Outlook を使用して作成された修正プログラムのミーティングに対して方法

メモ かどうか次の手順に従いますし、ユーザーのメールボックスに対して適切なタイム ゾーン データ ツールを実行すると、Outlook ユーザーする必要がありますが検証、予定表アイテムが正しくスケジュールされたこと。

会議で Exchange 2000 会議サーバー Outlook を使用して作成されたを解決するには Exchange 予定表更新ツールまたは、タイム ゾーン データ更新ツールのいずれかの Microsoft Office Outlook ダウンロードする必要があります。 状況に応じて、次のマイクロソフト サポート技術情報のベース記事で手順を次に、実行します。
930879  (http://support.microsoft.com/kb/930879/ ) Exchange 予定表更新ツールを使用して夏時間の対処方法
931667  (http://support.microsoft.com/kb/931667/ ) 2007 Microsoft Office Outlook のタイム ゾーン データ更新ツールの使用に夏時間の変更をアドレス指定
重要です これらのツールを Exchange 2000 会議サーバーのリソース メールボックスに対して実行しないでください。 これらのツールは、ユーザーのメールボックスのみ夏時間のルールを修正して更新を送信するに対して実行する必要があります。

メモ すべての定期的な会議のは Web スケジューラを通じて定期的なミーティングを表示する場合、差分期間中に 1 時間ずれる。 これらの定期的な会議が Outlook を使用して作成された場合、することができます、問題を回避、次の方法のいずれかを使用します。
  • 差分期間中に発生する各の定期的な会議の更新の送信を例外を作成します。
  • 参加者に全員が正しい時刻に参加できるように、Outlook から会議 1 時間早くを参加できるようにします。

Web スケジューラを使用して作成されたミーティングの解決方法

作成すると、会議 Web スケジューラを使用して、Web スケジューラは iCal 要求をすべての参加者に送信します。 これには、会議の開催者が含まれます。 ここでは、ユーザーが会議の開催者、にもかかわらず Outlook 認識しません、ユーザー、会議の開催者として。 Web スケジューラを使用して作成されたミーティング更新を送信できません。 したがって、会議の時刻を変更する場合を Outlook を使用するか Web スケジューラを使用して、更新を送信できません。

Web スケジューラを使用して、会議をキャンセルするは、会議を更新するしかできません。 ただし、このアクション送信しません、キャンセル iCal ミーティングの参加者にします。 したがって、会議は、参加者のカレンダーにも表示されます。 この現象は Web スケジューラは、会議をキャンセルしてもに発生します。 この場合、参加者でする必要があります自分の予定表からの会議は削除して手動で。

使用して Web スケジューラでは、Exchange 2000 会議 Server で差分期間内の会議をキャンセルします。

適用した後、必要なソフトウェアの更新、参加者が自分の予定表から会議を削除を通知する必要があります。 参加者する必要があります指定 Outlook を使用してまたは Web スケジューラを使用して、会議再作成します。

メモ この情報は、Web スケジューラを使用して作成されたミーティングに適用されます。 Outlook を使用して作成された会議は、Exchange 予定表更新ツールまたはタイム ゾーン データ更新ツールを Microsoft Office Outlook を実行すると更新されます。

重要です これらのツールを Exchange 2000 会議サーバーのリソース メールボックスに対して実行しないでください。 これらのツールは、ユーザーのメールボックスのみ夏時間のルールを修正して更新を送信するに対して実行する必要があります。

メモ かどうか次の手順に従いますし、ユーザーのメールボックスに対して適切なタイム ゾーン データ ツールを実行すると、Outlook ユーザーする必要がありますが検証、予定表アイテムが正しくスケジュールされたこと。

メモ すべての定期的な会議のは Web スケジューラを通じて定期的なミーティングを表示する場合、差分期間中に 1 時間ずれる。 これらの定期的な会議 Web スケジューラを使って作成された場合を 1 時間の会議は無効になります。 ただし、会議の定期的な非表示次の正しくです。 差分期間中に、正しい時刻に会議が作成されることを確認、作成の会議以外の定期的な会議としてデルタ期間中にします。

関連情報

Microsoft Windows オペレーティング システムで夏時間の変更のサポートの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/gp/cp_dst (http://support.microsoft.com/gp/cp_dst)
についてには、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックしてします。
942763  (http://support.microsoft.com/kb/942763/ ) Microsoft Windows オペレーティング システム用の 2007 年 12 月累積的なタイム ゾーンの更新
914387  (http://support.microsoft.com/kb/914387/ ) 2007 で、米国の夏時間を構成する方法

この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange 2000 Conferencing Server
キーワード: 
kbhowto kbinfo kbexpertiseinter kbmt KB932658 KbMtja
機械翻訳機械翻訳
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:932658  (http://support.microsoft.com/kb/932658/en-us/ )
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
共有
その他サポート オプション
マイクロソフト コミュニティ サポート フォーラム
お問い合わせ
マイクロソフト認定パートナーの検索
Microsoft Store