DetailPage-MSS-KB

サポート技術情報

文書番号: 949104 - 最終更新日: 2014年8月13日 - リビジョン: 8.0

 

目次

Windows Update エラーが発生する場合は、 Windows Update の一般的なエラーのためのソリューション (http://support.microsoft.com/common/survey.aspx?scid=sw;en;3779&showpage=1) .

問題が修正しますか。

、問題が解決しない場合は、Windows 更新エージェントを最新バージョンに更新します。ダウンロードするには、使用可能なスタンドアロンの Windows Update エージェントはありません。自動更新がある場合、オンになっている、Windows Update エージェントの最新バージョンがダウンロードされ、コンピューターに自動的にインストールします。

自動更新が有効になっていない場合は、Windows Update エージェントの最新バージョンを取得するこれらの手順に従います。
  1. 自動更新を有効にします。これを行うには、実行している Windows のバージョンに応じて、次の手順に従います。

    Windows 8.1 または Windows 8
    元に戻す画像を拡大する
    1. 画面の右端からの読み取りによって Windows Update を開きます (または、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上に移動、マウスを使用している場合) をタップまたはクリックして 設定をタップまたはクリックして コントロール パネルの [、し、タップまたはクリックして Windows Update.
    2. タップまたはクリック 設定を変更します。.
    3. 重要な更新プログラムを選択 更新プログラムを自動的にインストールします。.
    4. 推奨される更新プログラムを選択して、 推奨される更新プログラムの重要な更新プログラムが表示されるのと同じようになります。 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください [OK].
    元に戻す画像を拡大する
    Windows 7、Windows Vista、または Windows XP
    元に戻す画像を拡大する
    自動的に自動更新を有効にするのには、問題を修正] ボタンまたはリンクをクリック実行 で、表示ダウンロード ] ダイアログ ボックス。この修正プログラムの手順、ウィザード。

    元に戻す画像を拡大する
    この問題を解決します。 (http://go.microsoft.com/?linkid=9709473)
    マイクロソフト修正 50362
    元に戻す画像を拡大する
    元に戻す画像を拡大する
  2. Windows Update サービスを再起動します。そのためには、以下の手順を実行します。
    1. Windows ロゴ キー + R を実行] ボックスを開きますキーを押します。
    2. タイプ services.msc実行ボックス、および Enter キーを押します。
    3. Windows の更新プログラムを右クリックし、 サービス 管理コンソールで、[停止] をクリックします。Windows XP を実行している場合、自動更新を右クリックし、[停止] をクリックします。
    4. Windows の更新プログラムが停止したら、 Windows Updateを右クリックし、[開始] をクリックします。Windows XP を実行している場合は、自動更新を右クリックし、[開始] をクリックします。
  3. 待機を開始すると、Windows Update および Windows Update エージェントが更新されたことを確認します。Windows Update エージェントのバージョンがインストールされているを確認する方法の詳細についてを参照して、"Windows Update エージェントのバージョンがインストールされているを確認する方法このマイクロソフト サポート技術情報 (KB) の記事での「」。

Windows Update エージェントのバージョンがインストールされているを確認する方法

  1. 開いている、 % システム ルート %\system32 フォルダー。 % システム ルート % Windows がインストールされているフォルダーです。たとえば、 % システム ルート %フォルダーには C:\Windows です。
  2. ボタンを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [詳細] タブをクリックし、しファイルのバージョン番号を探します。
注: <b>最新の Windows 更新エージェントの Windows 8.1 は 7.9.9600.16422 です。Windows 8 の更新エージェント用の Windows の最新バージョンは 7.8.9200.16693 です。Windows 更新エージェントの Windows 7、Windows Vista、Windows XP の最新バージョンは 7.6.7600.256 です。

履歴情報

Windows Update エージェントのバージョン 7.6.7600.256 での機能強化
  • セキュリティ強化されたインフラストラクチャ、Windows Update クライアントは、新しい証明書によって署名されているファイルのみを信頼できるようにします。証明書が、更新、Windows Update クライアントを保護するためにのみ使用されます。
  • Windows Update クライアントの安全な通信チャネル
Windows Update エージェントのバージョン 7.4.7600.226 での機能強化
  • Windows の更新プログラムの改善されたスキャンに要する時間
  • Windows Vista または Windows Server 2008 を実行しているコンピューターの Windows の更新 UI の機能向上
  • 更新プログラムの表示と詳細の説明より
  • ユーザーは、サービス パックに関する通知を受け取る方法の改善
Windows Update エージェントのバージョン 7.2.6001.788 で修正される問題
Windows Update エージェントのバージョン 7.2.6001.788 では、以下の問題を修正します。この問題なく記述されていました、マイクロソフト サポート技術情報の記事で。
  • 同時に、80 以上の更新プログラムを Windows Update または Microsoft Update からインストールしようとすると、"0x80070057"エラー コードが表示されます。
Windows Update エージェントのバージョン 7.2.6001.784 での機能強化
  • Windows の更新プログラムの改善されたスキャンに要する時間
  • 署名の更新プログラムが配信される速度を向上
  • Windows インストーラーの再インストールのサポート
  • 強化されたエラー メッセージ
Windows Update エージェントのバージョン 7.0.6000.381 で修正される問題
Windows Update エージェントのバージョン 7.0.6000.381 では、次の問題を修正します。これらの問題は、マイクロソフト サポート技術情報の記事ではこれまで記載されていません。

詳細については Windows の更新プログラム

Windows の更新プログラムをダウンロードして、最新のセキュリティおよびその他の更新プログラムをインストールするマイクロソフトから最新かつセキュリティで保護されたコンピューターを保持に役立ちます。Windows Update は、コンピューターに適用する更新プログラムを決定します。

Microsoft に定期的にソフトウェア更新プログラム利用可能になります Windows およびその他の Microsoft ソフトウェアのユーザー。信頼性とパフォーマンスを向上させるための更新プログラム、マルウェアおよびその他の望ましくないソフトウェアをアップグレードする Windows の機能に対する新しい対策を提供する更新プログラムが含まれます。パフォーマンスまたはコンピューターのハードウェア コンポーネントの信頼性を向上させるのには Microsoft がデバイスのドライバーは、コンピューターの製造元によって提供されている更新プログラムも提供します。

Windows の更新プログラムをオンにする場合は、直接 Windows Update に関連するソフトウェア コンポーネント コンピューターにときどき更新する必要があります。これらの更新プログラムは必要な更新プログラムまたはその他の更新プログラムをインストールする前に Windows Update をチェック前に行う必要があります。これらの必須更新プログラムのエラーを修正、継続的な改善を提供する、Windows Update をサポートするマイクロソフトのサーバーとの互換性を維持します。Windows Update を無効にする場合は、これらの更新は受け取りません。

Windows Update は、Windows のボックス エクスペリエンス (OOBE) のセットアップ中に推奨されるオプションを選択すると、自動的に更新プログラムをインストールするに構成されます。Windows Update 上にするにはコントロール パネルの [自動更新] で次の設定のいずれかを選択します。
  • [自動 (推奨)
  • 私は、更新プログラムをダウンロードするが、自分でそれをインストールするときに選択
  • 通知しますが、ない自動的にダウンロードまたはインストールします。
Windows Update を有効にした後、Windows Update のコンポーネントに必要な更新プログラムがダウンロードされ通知することがなく自動的にインストールします。この現象は、Windows Update を有効にするを使用するための設定に関係なく発生します。必要な更新を受信したくない場合は、コントロール パネルで自動更新を無効にできます。

更新は Windows Update を通常の方法で、次の: 顧客からのフィードバックに対応、互換性、サービスのパフォーマンスと信頼性を向上、および新しいサービス機能を有効にします。Windows Update サーバーが更新されると、対応するクライアントの更新は通常必要です。エージェントの自己更新の操作中に Windows Update エージェントのファイルが追加、変更、またはを交換してください。たとえば、Windows Update エージェント ファイルのヘルプが表示されることや、ユーザー エクスペリエンスに更新プログラムを適用するかどうかは、特定のシステムを追加することもを確認します。システムが利用可能な更新を自動的にチェックする設定されている場合、この現象が発生します。これは、自動更新がオフになっている場合に発生しません。たとえば、この現象は、Windows Vista と Windows 7 の更新プログラムを確認しないを選択した場合、または Windows XP で自動更新をオフにするを選択した場合は発生しません。

管理された環境の管理者向け情報

管理者は、展開 Windows Server Update Services (WSUS) を使用するため、Windows Update エージェントの最新バージョンが表示されます。

この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Update
キーワード: 
kbquadranttechsupp kbproductlink kbwindowsupdate kbautoupdate kbexpertisebeginner kbhowto kbinfo kbcip kbconsumer kbmt KB949104 KbMtja
機械翻訳機械翻訳
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:949104  (http://support.microsoft.com/kb/949104/en-us/ )
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
共有
その他サポート オプション
マイクロソフト コミュニティ サポート フォーラム
お問い合わせ
マイクロソフト認定パートナーの検索
Microsoft Store